セフレサイトを利用する目的

セフレサイトを利用している人の目的としてはおおむね2つに分けることが出来ますね。純粋な恋愛を楽しみたい人と、セフレ獲得を目指して動いている人と。

セフレを目的とした方が利用するセフレサイトの実態画像1

純粋な恋愛を楽しみたい人は、後者に比べて極めて動きがスローです。セフレサイト上でのメッセージ交換も短い人であっても5か月くらい継続し、その後ようやく会うといった過程を踏まえます。

まあそういった交流を行っているだけに、実際会った後に恋人関係としてつながりが継続されてる可能性は非常に高いのが特徴的です。一方、セフレ獲得を目指している人は、前者に比べて、動きがかなり早い。

セフレサイト上でのメッセージ交換でも、いらぬ前置きは捨てて、セフレ目的だけを簡潔に伝える人が多数を占めます。しかしそれあっても通じてしまうんですよね。

速い人では「ホテルいこ?」「うんいいよ」わずかなこの交流だけで、会ってホテルへ行ってエッチする。いやはや、むきだしの性欲恐るべしといったところでしょう。

セフレはそのドライな関係性がゆえ、友達や恋人として成就する可能性は極めて薄いです。

ホテルでエッチした後も、どこかご飯を食べに行くというわけではなく、その場でサヨナラを交わし、お互いの生活空間へと戻って行く。そしてまた性欲がたまれば、会って、ホテルでセックスする。

非常に分かり易い関係性ですが、ある意味人間関係の希薄科した現代社会において最もその象徴となるのがこのセフレ関係なのかもしれません。

誰がセフレサイトに登録しているのか?

セフレを目的とした方が利用するセフレサイトの実態画像2

セフレサイトに登録をする際には、様々な疑問を持つことになるかもしれません。まず、セフレサイトの目的というのはそこでセフレを見つけるということですよね。

だからこそ、まずセフレサイトには年齢制限が行われているということになります。そのため、原則的に未成年ということではセフレサイトに登録をすることはできないのです。

基本的に、セフレを求めているのが成人以上であるということもここからわかることだと思います。最近では、無料サイトの中には携帯だけでも使うことができるものがあります。

携帯からでもインターネットを使うことができますから、より手軽に登録をすることができるのでしょう。

携帯があれば、どこでも好きなときにアクセスをすることができ、出会いたい相手を探すことができるようになります。例えば、仕事をしている人であれば、出張先で相手を探すというようなこともできるということです。

セフレサイトに登録をしているということは、そこからセックスをすることを目的にしているといえます。

ですが、セフレとして出会ったものの、そこから恋人関係に発展するというようなケースも考えられるかもしれません。

人との出会いでは何が起こるかがわからないものですから、そういった発展の仕方も考えられるかもしれませんね。サイトに登録をすることで、そこから自分の好みの相手を見つけることも十分に可能なのでしょう。